Home > 猫のノミ寄生虫にレボリューション6%

レボリューション6%の特徴

マリア  レボリューション6%はファイザー社が開発した新有効成分セラメクチンを配合した犬と猫の背中に月1回垂らす予防薬です。犬、猫ともに糸状虫の寄生予防、ノミの駆除、ミミヒゼンダニの駆除、そして猫には体の内部の回虫駆除効果、フィラリア症の予防効果があります。一度垂らすと1ヶ月間の効果があります。



レボリューション6%と我が家の猫

 飼っている猫が下痢をしてしまい、食欲がなく食べません。おまけに胃液を吐いています。とても心配になり動物病院に連れて行きました。食べないということはとても心配です。ウンチを検査してもらうと、コウ虫という虫がお腹にいることがわかりました。
 連れて行った猫にはすぐに先生が薬を吐き気止めといっしょに飲ませてくれましたが、家で飼っている他の猫にも飲ませたほうがいいというのです。猫に錠剤を飲ますのは、先生は上手に飲ませますが、私はうまく飲ませられるか自信がありません。オェッと吐き出されてしまうことがよくあります。
 そこで、背中に垂らす薬があるというので、値段は錠剤より高いのですが、その薬レボリューション6%を買いました。背中に垂らすならできます。せっかく買って行って飲ませられなかったら最悪です。
 でも本当に背中に垂らすだけでお腹の中の虫まで駆除できるのか不思議でたまりませんでした。それにパッケージには回虫駆除と書いてあるけど、うちの猫のお腹にいたのはコウ虫とかいう虫です。本当に効くのかと心配でした。しかし、だんだんと食欲がでてきて、下痢もだんだんとよくなってきました。先生を疑って悪かったと思いました。

スポンサードリンク



レボリューション6%とフロントライン

 レボリューション6%もフロントラインも猫と犬の肩甲骨の間に垂らす薬ですから利用しやすいですね。両方とも1ヶ月間の効果があります。フロントラインの方がお値段はちょっと安いです。フロントラインはノミ、マダニの駆除に効果があります。
 それに比べるとレボリューション6%は猫にも発症するというフィラリア症、ノミの駆除、そしてお腹の中の虫まで駆除してくれるというので、またフロントラインと異なった効果が期待できます。私は今までフロントラインしか知りませんでしたが、レボリューション6%も猫にとってはたいへんありがたい予防薬ではないかと思いました。犬のフィラリア症はよく予防されている方が多いですが、猫まではなかなか予防されている方はいないのではないでしょうか。そのフィラリア症にも有効で、室内飼いだった我が家の猫達にもお腹に虫がいたので、寄生虫駆除の効果があるレボリューション6%はフロントラインに変えて利用してもいいと思いました。

スポンサードリンク

Designed by CSSデザインサンプル