にんにくの食べ過ぎ

にんにくの食べ過ぎ

 私はにんにくが大好きです。人の迷惑かえりみず臭いも気にせずに、食べます。

 

よくラーメン屋さんに摩り下ろしたにんにくがテーブルに置いてあるお店があります。そういう時は、たっぷりとラーメンに入れてしまいます。

でもこれはちょっと気をつけなければいけないようです。

 

生のにんにくを食べ過ぎると、貧血、視力の低下等を引き起こします。
また、胃腸にもよくなく、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎炎、心臓病のある方には、食べ過ぎはよくないようです。

 

ニンニクは体にいいからと勧めても、にんにくを食べると胃が痛くなるという人もいます。

 

また、にんにくは殺菌力が強いので、眼や喉、口、舌の病気がある人はたくさんは食べれません。

 

どうして、貧血を起こすかというと、ニンニクに含まれる多量のアリシンが、赤血球の中からヘモグロビンを追い出し貧血を起こしてしまいます。

 

生のニンニクは1日一片(5グラム位)、加熱したにんにくで、2〜3片位が適量です。子供や高血圧の人は、その半分以下だそうです。
生の摩り下ろしたニンニクは、ついたくさんスプーンですくってしまいがちですので、気をつけましょう。

 

 

 

【スポンサードリンク】

   

【にんにく玉関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ