卵黄の栄養成分と効果効能

卵黄の栄養成分 レシチンの効果効能

 卵黄の特徴的な栄養成分はレシチンです。レシチンは正式名をホスファチジルコリンといい、人間の体内の細胞膜を構成している成分で健康維持に大切な役割を果たしています。

 

 レシチンが酸化すると細胞の老化の原因となるので、新しいレシチンを常に補給する必要があります。

 

レシチンの効果・効能としては
★ 乳化作用
マヨネーズを作るには、お酢とオイルと卵黄を混ぜ合わせますが、この時、卵黄のレシチンの水と油を混ぜ合わせる乳化作用を利用しているのです。
人間の体内でも卵黄のレシチンは乳化作用を発揮します。
体内の水溶性のものと脂溶性のものをレシチンの乳化作用により溶け合わす働きをします。

 

★ 高コレステロール症や肥満の防止、成人病の予防
コレステロールや脂肪を排出し、中性脂肪の蓄積を防ぎます

 

★ 細胞に栄養分を摂取し、体外に老廃物を排出する流れをよくします

 

★ レシチンが不足すると、細胞の働きがにぶくなり病気になりやすくなります

 

★ 高齢化によって引き起こされるアルツハイマー型痴呆症、老人性痴呆に効果的に作用
神経に入ると情報を伝えてくれる物質に変化し、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの増加に効果的に働きます

 

★ 物忘れの防止や、記憶力の強化に有効

 

卵黄とコレステロール

 私は検査でコレステロールが少し高いことがわかり、コレステロールの高い食品がのっている説明書を医者からわたされました。 

 

 卵もその中に含まれていて、卵は食べてはいけないものだと思っていました。

 

 ところが、卵にはコレステロールが多く含まれていますが、卵をたくさん食べても、コレステロール値には影響がないそうです。 

 

 というのは、卵はレシチンの作用により、血管内の悪玉コレステロールを排出してくれるからです。 

 

 卵黄のレシチンは他の食品よりも吸収率が良いそうですので、アンチエイジングや成人病予防に、安心して摂取しましょう。 豊富な食物繊維 便秘予防とともに、発ガン物質を体外へ排出する役目もしています。 

 

 卵は昔は、病人でないと食べれない食品でした。やはり、コレステロールを恐れずに安心して食べた方がよさそうですね。

 

卵黄の栄養成分

 卵黄にはレシチンの他に、美肌にいいとされるビタミンEを多く含んでいます。体内から、お肌のアンチエイジングに作用します。
 また、タンパク質やカルシウム、鉄分など、ビタミンC以外のほぼ全ての栄養素が含まれている万能食品です。

 

卵黄とにんにく

 にんにくの成分といっしょになると、どのような働きをしてくれるのでしょうか。

 

 卵黄の中性脂肪はビタミンEと同じ働きをする脂質アリシンという成分にかわり、血行をよくしてくれます

 

 その豊富なタンパク質は、にんにくのアリシンのにおいを抑える働きをします。

 

 卵黄は、ビタミンB1が豊富で、ニンニクのアリシンと結合すると、アリチアミンという成分になり、糖質の代謝促進、疲労回復を早める働き、免疫力の強化、滋養強壮、脳の働きの活性化などの効果を発揮します。

 

 

【スポンサードリンク】

【にんにく玉関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ