24時間テレビの歴代マラソンランナー

24時間テレビの歴代マラソンランナー

Home

 

【スポンサーリンク】

 

日本テレビ24時間テレビの注目のメインイベント、マラソン。歴代のマラソンランナーを調べてみました。

 

2015年までの24時間テレビ歴代マラソンランナー

 

1992年 間寛平(1回目)200キロ 
1993年 間寛平(2回目)200キロ
1994年 ダチョウ倶楽部(肥後克広 寺門ジモン 上島竜平) 100キロ
1995年 間寛平(3回目)600キロ 神戸〜東京を7日間で完走
1996年 赤井英和 100キロ 日本列島を600人がリレー
1997年 山口達也 100キロ
1998年 森田剛  100キロ
1999年 にしきのあきら  110キロ
2000年 トミーズ雅 150キロ
2001年 研ナオコ 85キロ
2002年 西村知美 100キロ
2003年 山田花子 110キロ
2004年 杉田かおる 100キロ
2005年 丸山和也 100キロ
2006年 アンガールズ (田中卓志 山根良顕) 100キロ
2007年 萩本欽一 70キロ

2008年 エド・はるみ 113キロ
2009年 イモトアヤコ 126.585キロ
2010年 はるな愛 85キロ
2011年 徳光和夫 63.2キロ
2012年 佐々木健介&北斗昌ファミリー 120キロ
2013年 森三中 大島美幸 88キロ
2014年 城島茂 101キロ
2015年 DAIGO 100キロ
2016年 林家たい平 100.5km
2017年 ブルゾンちえみ 90km
2018年 みやぞん 

 

【スポンサーリンク】

 

 

今までの24時間テレビマラソンランナーの思い出

 

人それぞれその年の24時間テレビマラソンランナーの必死な顔とともにいろいろな場面が記憶に残っていることでしょう。

 

 私が記憶に残っている場面は、杉田かおるさん。負け犬返上とかで走っていましたが、最後の方、普通だったらみなさんもう力つきたといった表情で必死に走っているのに、杉田かおるさんは、ニコニコ、周りの応援の人たちに笑顔を振りまいて手を振って走っていました。”女優”なんだなあと、疲れ切った時にもあんな表情ができるなんてと感心するとともに、本当に走ったのかしらと内心思ってしまいました。

 

 間寛平さんは走るのが好きなんですね。心臓疾患の治療のためマラソンを始めたそうですが、24時間テレビのマラソンだけでなく、世界のギリシャの鉄人マラソン「スパルタスロン」、モロッコのサハラマラソンなどの過酷なレースを完走しています。

 

 西村知美さんの時は、ワープ疑惑があったとか。午後6時すぎに「残り30Km」だったのが、1時間後の午後7時過ぎに「残り10Km」になっていた。1時間に20Kmも走ったことになる。私には武道館でだんなさんと抱き合っている姿が目にやきついていますが。

 

 その後、山田花子さんが走った時は、2ちゃんねらーがマラソンを監視したそうです。そのためか、番組終了までに完走できない結果になりました。厳しいですねぇ。

 

 萩本欽一さんの時は、最後の方を見ていると、なかなか進まず痛々しかったです。気力と応援の力で、進むんでしょうね。

 

 2008年のエドはるみさんは24時間テレビのマラソンランナーになることが夢で、毎日10キロ走っていたそうですが、見事女性ランナーの最長距離113qを完走しました。

 

 2011年 徳光和夫さんの走った日は珍しく雨でした。武道館で大の字に寝てしまったのが、印象的でしたね。

 

 2012年は、初めてのファミリーでのリレー形式。佐々木健介、北斗晶さん二人のお子さんががんばりました。その後の北斗晶さんの乳がん公表は感動的でした。

 

 2013年の森三中の大島美幸さん、ダイエットをしてからの挑戦でしたが、放送時間内でのゴールはできずちょっと残念。。

 

 2014年 43歳という男盛りの城島さんの走り、バタ臭い走りをするという期待どおりの走りでした。(^^♪、

 

 2015年 DAIGOさんは、練習風景を見ていると体が細いイメージがあって、大丈夫かなと心配でしたが、足の痛みをこらえて、笑顔で手を振りながら、懸命の走りをみせていました。

 

 2016年 落語家の林家たい平さんはゴールテープを切った後、師匠の林家こん平さんと抱き合う姿が感動的でした。

 

 2017年 初めて当日にマラソンランナーが決まるという企画に興味深々でしたが、スタートの1時間前に知らされたというブルゾンちえみさんでした。高校時代は陸上部で活躍し、「走りたい!」と本人も積極的だったそうで、安心して応援ができました!

 

 2018年 今年はトライアスロン形式で、みやぞんさんが走ります。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ